Cross・Maria

フツーの主婦が子育てあるあるをつぶやきます

④共感する/その1

 


f:id:annakato:20210331132444j:image

 

共感すると一言で言うと、とても簡単なんですが。

 

子育てにおいては、なかなか難しいんです。

 

『聴く』のも大変ですが、

『共感する』も大変です。

 

 

『聴く』⇒『共感する』はちょっとステップアップしたと考えたら、わかりやすいかもしれません。

 

例えば、学校から帰ってきた女の子が……

「お母さん、聴いて。アイちゃんがね、サチと口ゲンカになってね、それで、止めてあげようかなって思ってたら、ミズキが大きな声で『ケンカやめろ!』って叫んでさ、えっと、その声がうるさくって、サチがキレてね、それ逆ギレじゃん、だけど、誰も何も言わないし、今度はミズキとサチがケンカになってさ、そしたら先生が来て『あなた達、静かにしなさい!』って、それでね、その場にいた私まで叱られたんだよー、イヤになっちゃう」

 

子供って、こんな感じで一気に話しますよね。

 

これってどう答えていますか?

 

忙しい時には

「わかったから!だらだら話さないで!」なんて言ってしまいますよね。

 

特に夕食の準備で忙しい時なんかは

『もうやめてー』

って思っちゃうでしょう。

 

でも実は、ひたすら『聴いた』後に『共感』すればいいんです。

 

「うんうん、あー、そうなんだ……アイコちゃんとサチちゃんがねー……へえ、ミズキちゃんが?……うん、逆ギレだね……えー?先生が?……うーん……そっかそっか、イヤな気持ちになったね

 

いろいろ話してくるその根本には『わかって欲しい』気持ちがあるのです。

 

理解してくれる=認めてくれている=愛されている

なのです。

 

一度『共感する』ことにチャレンジしてみて下さい。

共感が難しいと思われるならば

「◯◯しちゃったんだね」

「イヤな気持ちになったね」

オウム返しで良いのです。

 

意外とあっさり

「そう!マジでイヤな気持ちになった!」

って終わっちゃいますよ。

 

もし、上記のように何気ない日常の一コマではなく、学校側の対処も必要そうだと感じた時は、また深く聴いていけば良いことですから。