Cross・Maria

フツーの主婦が子育てあるあるをつぶやきます

⑫認知の歪み


f:id:annakato:20210330171050j:image

 

認知の歪みとは簡単に言えば

思考パターン

のことです。個人個人の

『とらえ方の違い』

『考え方のくせ』

をさします。

 

誰かのちょっとズレた思考を

「その考え方はおかしい」

と決めつけるのではなく、認知が歪んでいると理解してみましょう。

 

この認知の歪みが大きいと、不安感を増大させたり、延長線上には鬱などの精神疾患を引き起こしてるのではないかと、一般的には言われているようです。

 

例えば。

・全ての物事に白黒をつける

(好きか嫌いか、敵か味方か、良いか悪いか等々)

・自分自身の解釈が一般的と決めつける

(絶対に私が正しい、これが常識だから、みんなそうだから等々)

・レッテルを貼る

(あの人は何もわからないから、AB型だから変わった人、若いからダメなんだ等々)

 

といった考え方です。

何もかもネガティブにとらえてしまうことも当てはまります。

 

この認知の歪みの根底には、固定概念が存在しており、その固定概念は生きてきた中で学んだり、経験したことから作り上げられたものだと言われています。

 

この極端な考え方は、実は修正することが可能なのです。

それは以下のように、いくつか手順を踏みます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

①イライラ、モヤモヤなどの感情をいつ、どこで、何をきっかけに持ったのかをじっくり思い出してみる

◆会社で先輩社員から

「この書類、数値のミスがあるけど。資料も渡したのに何時間も何やってたの、使えない人だね」

と叱られたことでイライラ、モヤモヤしているなあ。

 

②事実と自分自身の感情が矛盾していないか考えて、見落としている事実や情報がないかを考える

◆事実:資料を渡され、何時間もかけて作成した書類に記載した数値が間違っていた

 矛盾:いつも頑張っているんだから、私は『使えない人』ではない

 見落としている事実:私のミスのせいで先輩は部長から叱られ、プレゼンテーション 

 に遅れてしまった

 

③上記の①②をふまえて、自身の主張や考え方が間違っていないか、他の考え方は出来ないかを考える

◆『使えない人』の言葉に傷ついて、きちんと謝罪していなかった。

 今回のミスに日頃の頑張りは関係ない、それは甘えだ。

 

 

④③で考えてみたことを実際に行動に移してみて、様子を見る。事態が好転すれば、考え方は正しく、悪化すればまた①に戻ってみる

 ◆翌日出社してすぐに先輩社員に誠意を持って謝罪する。

 許してもらえるかどうかは別として、反省の気持ちと今後は同じミスしないと誓う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは子供の考えや保護者側の考えを変えたい時にも役立ちます。

 

ただ私達は自分自身の考え方を変えてみたり、言動を変えてみたり、ということはなかなか難しいでしょう。

特に年齢を重ねていけばいくほど、難しいかもしれません。

 

何しろ、思春期の子供達の心情は、分単位で揺れ動いているようなものです。

そんな子供達の言動には、ついつい振り回されてしまい、いちいち腹を立ててしまいがちですね。

 

でも、自身も周囲も幸せに生活するためにも『考え方の修正』に一度チャレンジしてみるのもありかもしれませんよ。