Cross・Maria

フツーの主婦が子育てあるあるをつぶやきます

雑記・その⑤/登校渋りPart1


f:id:annakato:20210504212802j:image

不登校の手前の「学校に行きたくない」とグズることを

『登校渋り』

と呼びます。

 

文科省が定義を示してくれているわけではありませんが

朝になると、登校したくないとグズり、渋ったりすること。

しかし結果的には登校している。

のです。

 

 

ですから、不登校と違って、登校渋りが日本全国に何%くらい存在するか、把握出来ていないと考えられます。

なぜなら『とりあえず登校しているから』数値は目に見えていませんよね。

 

 

我が子には、この登校渋りがあります。

対応に困り果てて、臨床心理士の先生のカウンセリングを受けるようになりました。

 

登校渋りはグズグズ言いつつも最終的には登校しますし、でもどうしても気力が湧かない時には休みます。

 

休む期間はひと月に1日だけだったり、1日おきだったり、2~3日休んだり、休み方も一様ではありません。

そして、不登校のように長期間連続では休みません。

 

 

保護者が

「うちの子は登校渋りがあります」

と学校へ申し出ない限り、担任の先生から見れば

「この生徒は、ちょっと身体が弱いのかな」

といった印象を持つことでしょう。

 

登校渋りの原因はまた様々です。

発達障害だったり、HSCだったり。

 

我が子はHSCなので、それに関する書籍が増えており、対応方法は比較的入手しやすいと思います。

 

しかし不登校でさえなかなか認知されないのですから、登校渋りはもっと理解してもらえません。

 

 

我が子が学校に行きたがらないと普通に話すと

「ワガママに育てちゃったね」

「育てにくいお子さんね」

なんて言われる事もありました。

 

 

違うんです!!!

 

 

我が子は我が子なりに、たくさん感じて、

たくさん吸収して、

たくさんイヤな事もあって、

たくさん考えて……

爆発寸前だから

行きたくない

になっちゃうんです。

繰り返しますが爆発寸前なのです。

 

特にHSCは何事に対しても過敏です。

先生が男子を叱る声に、自分の気持ちがやられてしまったり、

女子がこそこそと誰かをイジメているのを見ると、自分の気持ちがやられてしまったりするんです。

 

ここで

「あなたに対してではないから気にするな」

と言ってしまうと、これは完全に親側の価値観の押し付けになってしまいます。

 

私(親)は気にならない⇒だからあなたも気にするな、という理屈は、

気にする人の気持ちを完全に無視していることになるのです。

 

そしてこれもよく言われますが

「自分自身をしっかり持っていたら、他人は気にならない」

ということ。

 

 

これも違うんです!!!

 

 

自分自身が確立されているからこそ、他人の気持ちが痛いほど理解出来て、やられてしまうのです。

HSCの子供から見たら、他人は気にならない子供が無神経に見えて仕方ないのです。

 

 

人には多様性があります。

価値観も各々違います。

 

 

ですから

「いろいろ気になる」

と言っているお子さんの気持ちをワガママだと叱ったり、全然理解出来ないとため息つくのではなく

「そうよね、あなたは気になっちゃうよね

と受け止めることが最初のステップです。

 

理解出来ていなくてもいいんです。

とりあえず

「あなたは気になっちゃうよね」

これを口にするだけで、お子さんは

「お母さんは僕を(私を)わかってくれた」

と心を閉じることはなくなります。